こんにちは。7月27日(火)晴れ。青空に太陽がサンサンと照り輝いています。
今日は佐賀県三養基郡基山町小倉の外壁工事と木工事の様子をレポートしていきます。


本日の現場です。外壁(サイディング)が貼られて外観のイメージが湧いてきますね。


外壁材を張る前の工程をご紹介します。
断熱材に「通気胴縁」という木材を打ち込んで空気層をつくります。
さらに、この通気胴縁にサイディング(外壁材)をはめ込む金具を取り付け、釘を打ち込むことなく施工が出来ます。

メインの外壁材はサイディング材です。黒を基調としたマレストーンのQFブリュレチタンブラックを選びました。


屋根材はコロニアルグラッサのグラッサ・ブラックを採用しております。


ここからは、内部の木工事の様子です。
木工事も順調に進んでおり、部屋の様子や階段の様子を造っていました。


階段を上がると大きな吹抜けの空間が拡がっています。


各部屋もボードが張られていて、部屋の形をイメージ出来るまでになりました。


本日のレポートはここまでです。
この後、外部では外壁検査、足場解体と進んでいきます。
それでは、次回のレポートをお楽しみに。

現場レポート | 県外-佐賀県三養基郡基山町A様邸