こんにちは。10月27日(火)晴れ。今回は福岡県筑紫野市杉塚の現場レポートです。
本日は基礎工事完了の様子をレポートさせていただきます。


型枠の中にコンクリートを流し込んでいきます。
下記写真のようなコンクリート車でベースになるコンクリートを流し込んでいきます。
今回も当現場でコンクリート車の写真を収めることができなかったため、福岡市東区三苫の現場の写真を参照しています。

間取りにあわせた型枠の中にコンクリートを流し込んだ後、セルフレベリング(セメント)材を流し込んでいきます
この材で水平な基礎の天端が仕上がります。
断熱材はコンクリートの外に施工していきます。隙間ができにくく、結露を防いでくれます。


別日に現場に行ったときには基礎のコンクリートが固まり、土台敷きの準備をしていました。

今回はここまで。
次回は土台敷きの様子をお届けします。

現場レポート | 福岡県筑紫野市杉塚O様邸